About Micronesia 知ろう、ミクロネシア連邦。

基本情報
はじめに

ミクロネシア連邦は、太平洋のミクロネシア地域に位置するオセアニアの国家。
ヤップ州、チューク州(旧トラック諸島)、ポンペイ州(旧ポナペ)、コスラエ州の
4州から形成される連邦国で、正式名称は「Federated States of Micronesia」と
いいます。(略称は「FSM」)

ミクロネシア連邦は太平洋西部に位置し、赤道のすぐ上を東西約2,500kmにわたって
広がる607もの小さな島々からなっています。
西側に位置するパラオ共和国とともにカロリン諸島を構成し、東側にはマーシャル諸島と
ギルバート諸島、北側にはグアムやサイパン島の属するマリアナ諸島が広がっています。

基本情報一覧
略史
1525年 ポルトガルの探検隊がヤップ島本島とユリシー島を発見する。
1529年 スペインの探検隊がカロリン諸島を発見する。
1914年 第1次大戦勃発。日本がドイツ領ミクロネシアを占領する。
1920年 国際連盟により、日本のミクロネシア委任統治が認められる。
1945年 太平洋戦争終結。アメリカ軍による占領が始まる。
1947年 国連の太平洋信託統治領として、アメリカ合衆国による統治が始まる。
1965年 ミクロネシア議会が発足する。
1978年 ヤップ、トラック(現チューク)、ポナペ(現ポンペイ)、コスラエの4州で連邦を構成する。
1979年 憲法を制定し、自治政府が発足。初代大統領に日系のトシオ・ナカヤマ氏が就任する。
1986年 11月、アメリカ合衆国との間で自由連合盟約を締結する。
1988年 12月、日本はミクロネシア連邦と外交関係を樹立する。
1989年 在日ミクロネシア連邦大使館開設
1991年 9月17日、国連に加盟する。
1995年 在ミクロネシア連邦兼勤駐在官事務所を開設。
2008年 在ミクロネシア連邦兼勤駐在官事務所を大使館に格上げ。
ページの一覧へ戻る
次のページへ