About Micronesia 知ろう、ミクロネシア連邦。

地理・気候
地理

ミクロネシアは、太平洋の赤道の北半球側に沿って点在する607の小さな島々と環礁から
なる島嶼国です。一般的に、東・西カロリン諸島という名称でも知られています。
国土の面積は、総計約700km²(日本の奄美大島と同規模)しかありませんが、太平洋上の
780万km²以上の海域に散らばっており、西端(ヤップ)から東端(コスラエ)までの距離は
2,550kmにもおよびます。

4州はそれぞれ、1つないし2つ以上の海抜が高い山を中心に構成されており、コスラエ以外の
3州には、数多くの離島があります。

ヤップ州
4つの大きな島と7つの離島、および134の環礁で構成され、総陸地面積は120km²です
チューク州
陸地面積が88km²あり、7つの大きな島からなる群島です。
ポンペイ州
ミクロネシア最大のポンペイ島があるため、土地面積は335km²もあります。
コスラエ州
1つの島だけで構成され、面積は110km²です。

ミクロネシア連邦の島々は、数百万年前の火山活動の結果できた島々と無数の環礁からなって
います。そのうち何島かは、山頂が水面に押し出された形になっており、周囲が浅いリーフで
囲まれています。この他に環礁があります。環礁とは、リング状に小さな島やコーラルバリア
を残して海面下に沈んだ地形のことで、弓状の小さな島々が、サンゴと砂でできたラグーン
(内海)をぐるっと囲んでいます。さらに、ラグーンの内側に環礁と海抜の高い島が
混在している珍しいケースもあります。

気候

ミクロネシアは熱帯性気候に属し、1年を通じて温暖です。ポンペイは世界で一二を争う雨量の
雨量の多い地域と言われており、年間降水量が約10,000mlもあります。
一般に12月から3月は、貿易風の影響で風が強い日が多くなります。

景観と土地の利用法

ミクロネシア連邦の土地の形態は地質学的にも多様で、原始の頃そのままに美しいとされています。
2,000フィートの山、深い谷、丘、草地、鬱蒼と生い茂るマングローブ林、環礁に守られた
ラグーン、原始の頃そのままのビーチなど、さまざざな自然がそこにはあります。

海や土地の美しさと豊かさをよく意識しながら、ミクロネシア連邦の人々は、その環境を維持して
いくために、さまざまな村の形態を発展させてきました。どの島も、まず地方行政区に
分けられ、さらに村(地方行政区の中の1セクション)、そして農場(村における最も小さな
土地所有単位)に分けられています。そして、人々の土地利用は譲渡された土地に各世帯が
住む形態から、ポリネシア系民族のように一族が集住し、村を形成する形態(過密状態になる
までは集まらない)までさまざまな形態があります。

土地は、その絶対数の少なさと伝統的重要性から、今も特別な重みを持っています。
そのため、土地の多くは、ファミリーや氏族の私有地とされています。しかし、そこの
人々の生活を見たいという場合、許可を得れば入ることができます。

前のページへ
ページの一覧へ戻る
次のページへ